アカギの大木

トウダイグサ科の樹木で、樹肌が赤褐色であることから、その名前があります。木の高さが、25mにもなります。今帰仁城跡周辺にも自生し、ハンタ道のガマ近くには大きなアカギがひっそりと生えています。

akagi_2581.jpg

カテゴリ