アコウの板根

沖縄で見られる樹木の多くは、地上部に根を大きく露出させますが、その理由は、土壌層が薄いことと関係しています。地中深くに根をしっかりとおろせないので、地上で板状の根となり、植物体を支えます。今帰仁城跡周辺の環境は、石灰岩地質であるため、このような板根が多く観察できますが、根の傍らに立っている人間の大きさと比較しても、かなり大きな板根であることが分かるでしょう。今帰仁城跡周辺で、ハンタ道の中央部に、板根が顕著なアコウの大木が自生しています。

shokubutuchousakoukei_2575.jpg

カテゴリ