ミナミテナガエビ

体長が10cm前後のテナガエビで、河川の中流から下流域の淵などに生息します。頭胸部側面に3本の横筋があるのが特徴です。脱皮した直後のようで、まだ殻が柔らかい状態でした。今帰仁城跡周辺では、親川(エーガー)で生息しています。

minamitenagaebi_2754.jpg

カテゴリ