ハカマカズラ

マメ科ハカマカズラ属の常緑性の植物です。つるになる木本で、大変大きくなります。名前の由来は、袴葛で、その形を袴(はかま)に見立てています。日本本土では、その分布がごく限られ、天然記念物に指定されている場所もあります。沖縄ではごく普通に見ることができます。今帰仁城跡周辺では、ハンタ道沿いで観察することができます。

hakamakazura_2594.jpg

カテゴリ