シジュウカラ

スズメ目シジュウカラ科の小鳥で、全長(翼開長)が14-15cm。頭上と頬の周囲は黒色をしています。樹林内で採餌し、巣は樹洞やキツツキの古巣などを利用(洞穴借用型)します。沖縄本島に分布するシジュウカラは、亜種でオキナワシジュウカラと呼ばれています。今帰仁城跡周辺にも生息し、主にハンタ道周辺で多く見られます。

sijyuukara_3144.jpg

カテゴリ