イボイモリの幼生

皆さん、生きた化石のイボイモリの、幼生の時の姿をご存じでしょうか。一見、カエルの幼生のオタマジャクシの様にも見えますが、よく見ると、頭部の根元にヒラヒラのえらがあり、また脚が4本あるのが分かるでしょう。イボイモリは主に陸上で見られますが、このように幼いときは水の中で、えらを使って呼吸し、生活しています。昔、話題となった外国産ウーパールーパー(サラマンダーの幼生;アホロートル)の様な姿ですね。イモリの仲間は、全てがこのような生態を持っています。イボイモリは、両生・爬虫類的な生態を持っているのです。

iboimoriyousei_3454.jpg

カテゴリ