コスナゴミムシダマシ

体長が7~9mm前後の小さな甲虫。河川沿いや公園などの植え込み、海浜などの砂地や礫地で、落ち葉や枯れ草・石の下などにいます。たいていが数匹位で群れています。地味な昆虫ですが、よく見ると面白い表情をしています。

今帰仁城跡周辺にも生息し、城壁の発掘現場周辺でよく観察されます。

gomimusidamasi_3886.jpg

カテゴリ