アンモナイトの化石

アンモナイトは、古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末までのおよそ35000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した頭足類の分類群の一つです。全ての種は、有殻で、それは平らな巻き貝の形をしているのが通常です。古生代と中生代の下位にあたる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとっては極めて重要な生物群となっています。今帰仁城跡には、写真を見ても分かるくらいに大きなアンモナイトの化石(殻径約5cm)があります。大きな岩の中にそれは静かに眠っており、そこは国指定史跡内ですので、決してたたきわって、とらないようにしましょう。

anmonaitoisi_4096.jpg

anmonaito_4100.jpg

カテゴリ