アオタテハモドキ

メタリックブルーに目玉模様のはねが特徴の、タテハチョウの仲間。平原に多く見られ、幼虫はキツネノヒマゴやオオバコなどをエサにします。幼虫の時は、体表にとげが無数に有って、およそこの成虫になるとは考えにくいです。晴れた日には、写真の個体のように、はねをめいいっぱい広げて、日向ぼっこ?(おそらく縄張り)しているのが観察されます。今帰仁城跡周辺にも多く生息しています。

aotatehamodoki_4296.jpg

aotatehamodokiyouchuu_3943.jpg

カテゴリ