アゲハの幼虫

ミカン(シークーサー)の葉っぱをよく観察していると、緑色のイモムシがよく見られます。それも体長が5cm位に大きくなった、ちょっとグロテスクな印象を受けます。目のようなものは実は目ではなくて、一種の模様です。目はずっと前にちょこんとついています。チョウの仲間やガの仲間の幼虫や成虫には、目玉模様がよくありますが、それは鳥などの外敵から身を守るためのものだと考えられています。このちょっと迫力のある幼虫は、成虫になると後ろばねに白い帯のあるアゲハチョウ「シロオビアゲハ」または「ナガサキアゲハ」に変身します。今帰仁城跡周辺に多く生息します。

siroobiagehayouchuu_4218.jpg

siroobiagehaoyakawa_3288.jpg

カテゴリ