ヒメオビオオキノコ

体長が10mm前後の甲虫で、体色は黒色で、はねに4つの黄色の紋があるのが特徴です。この虫の仲間は、広くキノコなどを食べるので、「キノコムシ」と呼ばれています。ヒメオビオオキノコも、樹皮下の菌糸を食べていると考えられています。沖縄諸島の南限種です。今帰仁村歴史文化センターで、確認しました。おそらく、中庭の森に生息しているのでしょう。

himeobiookinoko_4438.jpg

カテゴリ