アオスジアゲハの蛹

森の中に生えるタブノキやヤブニッケイ、ニッケイなどの葉を食草にしているアゲハチョウの仲間がいます。アオスジアゲハをいうチョウで、成虫ははねに鮮やかな青色(緑色)の模様があります。写真は、蛹ですが、タブノキの幹にくっついていました。目のように見えるのは、目ではなく、眼状紋という目玉模様です。本当の目は一番先端の方にあります。今帰仁城跡周辺で、多く観察することができます。

aosujiagehasanagi_5209.jpg

aosujiageha1_5211.jpg

カテゴリ