ハロビアの化石

ハロビアは、三畳紀の中生代三畳紀新世の年代を示す化石です。二枚貝の一種で、この化石が産出する場所は、多くが道路工事や愛好家による採集などによって今は一部を除いて、ほとんどが見られなくなっています。今帰仁城跡周辺にも、以前は多く見られたそうです。一説(インターネット記事)によると、ハロビアの化石が産出する場所には、アンモナイトも分布している可能性があるらしいです。

harobiakaseki_5609.jpg

カテゴリ