オキナワオオミズスマシ

体長が1.5-2.0cm前後であり、日本に生息するミズスマシ(水生昆虫)の仲間では、一番大きな種です。山の中の川の流れのあまりないところや、大きめの水たまりなどで見かけます。数匹以上の集団で、水面をクルクルと動き回っています。捕まえてみると、体からとても不思議なイチゴのような甘い臭いを出します。今帰仁城跡周辺では、主に志慶真川流域で生息しています。

okinawaoomizusumasi_5154.jpg

カテゴリ