リュウキュウノコギリクワガタのオス成虫

体長が2.5-7cm前後のクワガタムシです。沖縄本島では、ヒラタクワガタとならんで、普通に見られるクワガタムシです。体の色は、赤みがかった茶色のものから黒色まで、個体変異があります。クワガタムシのオスの大あごだけが特に大きいのは、オス同士の戦いに使われるためです。写真の個体は、今帰仁村内で採集されたものですが、今帰仁城跡周辺にも生息しています。

okinawanokogiri_5123.jpg

カテゴリ