ワタセジネズミ

頭胴長が5.5-7.6cm、尾長が3.7-5.3cmほどの小型の食肉類です。主に夜間に地上を徘徊し、昆虫やクモなどの小型の節足動物を捕食します。琉球列島の固有種で、沖縄島では山地から耕作地まで分布します。沖縄の方言で、リュウキュウジャコウネズミも含めて、「ビーチャー」と呼んでいます。沖縄県版レッドデータブックで、準絶滅危惧に指定されています。最近、今帰仁城跡周辺で生息を確認しました。沖縄島北部地域では、マングースなどによる捕食が報告されており(河内・佐々木、2002など)、今帰仁城跡周辺においても、個体数の減少が心配されます。                ちなみに、私(自然管理人)は、「ネズミ年!?・・・デチュ」。

 

引用文献;河内紀浩・佐々木健志, 2002.沖縄島北部地域における外来食肉類の分布及び食性について.沖縄生物学会誌,40;41-50

watasejinezumi_5659.jpg

watasejinezumi_5675.jpg

カテゴリ