リュウキュウカネタタキの雌雄

体長が11-14mm前後の鳴く虫で、日本国内のカネタタキ科では最大の種類。体色は赤みを帯びた灰色で、オスはオレンジ色の前ばねを持ちます。従って、写真では向かって右側の個体がオスです。鳴き声は、「チッ、チッ、チッ、・・・」。今の季節、今帰仁城跡周辺でも観察することが出来、主に志慶真川入口付近の森で鳴いています。

ryuukyuukanetataki_5918.jpg

カテゴリ