オキナワナナフシの雌雄

メスの体長が14cm前後のナナフシで、沖縄県内で最も普通に観察できる種類です。さて、この写真の中のどこにナナフシが隠れているでしょう。よーく見ると、草の茎に止まっているのが分かります。それも大きい個体と小さい個体が・・・・。そうです。これは交尾の写真です。私も初めて見ましたが、オキナワナナフシの交尾です。今帰仁城跡周辺の志慶真川入口付近で観察しました。ナナフシの卵は木の実にそっくりであり、ナナフシという昆虫は何とも不思議な生き物です。

okinawananafusikoubi_5908.jpg

カテゴリ