お昼寝中のオキナワスジボタル成虫

夜になると、持続的な光を放ちながら飛翔するオキナワスジボタル。夜遅くまでよく光っている個体を見かけます。日中に、地上2m位の高さのシダ植物の葉裏に、じっと静止してお休み中の個体を見つけました。少々葉を揺らしても起きません。熟睡中の様子で、辺りが暗くなる20:00前後まで、葉の裏で休んでいることでしょう。今年の夏は全国的に猛暑で、熱中症になる人も多いですが、昆虫も暑さが苦手な夜行性の種類は、このような日陰で、昼間は休んでいます。このきれいな光りは、4月から12月前後まで見ることが出来、沖縄では発生期間の長いホタルとして知られています。今帰仁城跡周辺にも生息しています。

okinawasujibotaruhiru_5869.jpg

カテゴリ