オオハラビロトンボ

体長(腹長)が4cm前後のトンボの仲間で、平地から山地にかけての木立に囲まれた池や沼・湿地に生息します。成熟したオスは、水辺の枯れ枝などに静止して縄張りを持ちます。今帰仁城跡周辺では主に志慶真川沿いで観察することが出来ます。

ooharabirotonbo_4719.jpg

カテゴリ