クモの仲間

今帰仁城跡周辺の森の中を散策していると、さまざまな形のクモと遭遇します。クモは、多様な環境に適応していて、多種多様な種類が知られています。森の中に巣を張る種類や地上を徘徊する種類、入口にトラップドアを作ってそこを通る小動物を捕らえるもの、水際に前脚をつけてカエルなどを捕らえるクモなど、いろいろな生態を持ったものがいます。クモはよく見るとたしかに可愛い生き物とは言えませんが、森林環境などの指標になりうる重要な生物とも言えるでしょう。今帰仁城跡周辺には多種多様なクモの仲間が生息しています。

kumo_5923.jpg haetorigumo_4356.jpg

kumo_2172.jpg kimuragumo_2450.jpg

カテゴリ