リュウキュウツヤハナムグリ

体長が16-28mm前後の甲虫の仲間です。「ハナムグリ」は花に潜るようにして花粉や蜜を食べるためにつけられた名前です。今帰仁城跡周辺の馬車道やハンタ道、シイナグスクで観察することが出来ます。日中に、森の中や道上を高速で飛翔しているのをよく見かけます。

ryuukyuutuyahanamuguri_4640.jpg

カテゴリ