カタツムリの殻の山

今帰仁城跡周辺の森の中を歩いていると、殻径が3cm前後のカタツムリの殻が、無数に集まっている場所が所々にあります。それも、新しい個体と古い個体。なぜ、森の中にカタツムリの殻が集合しているのか、謎です。まるで貝塚のようです。ひょっとしたら、鳥の仲間が運んできて、集めているのかもしれません。自然は不思議なことがいっぱいあって、面白いです。

katatumurikarashuugou_6004.jpg

カテゴリ