ヒラタヒシバッタ

志慶真川へ降りる途中にある、倒壊したガジュマルの大木の朽ち木の樹皮をよく見てみると、すこし突出した物があり、樹皮の一部かと思っていると、微妙ですが動きます。さらに、よーく見ていると、5cmくらい移動して、姿を現しました。小さなバッタの仲間で、名前は「ヒラタヒシバッタ」。体長は9-14mmと小さく、林床や樹皮の上でよく見かけます。しかし、動かないと、朽ちかけた樹皮の色とそっくりです。

hiratahisibatta_6150.jpg

hiratahisibatta_6145.jpg

カテゴリ