オオジョロウグモ

日本最大の種類です。オスは7-10mm と大変小さく貧弱で、体色は真っ赤でメスとはまるで別種のようです。メスは体長が35-50mm と大きく、腹部の下面と側面に黄白色の斑模様が点在します。1-2m の大きな円形の網を張ります。エサは昆虫類で、なかには小型コウモリや小鳥などもかかった例があるらしい。とにかく迫力のあるクモです。今帰仁城跡周辺にも生息しています。

oojorougumo_6122.jpg

カテゴリ