オキナワテングスケバ

頭の先が、てんぐの鼻のようにつき出した面白い形の昆虫で、このユニークな形から「テング;天狗」の名前があります。名前の「スケバ」というのは、はねが透明という意味です。体の大きさが15mm 前後しかないのと、数がそれほど多くないため、あまり目立ちません。セミと同じようにストローのような口で草や木の汁を吸って生活しています。写真には2匹のテングスケバが写っており、手前の個体は小さく、奥の個体は大きいですが、オスとメスの違いかもしれません。手でつかもうとすると、真上にピョンと勢いよく跳ね上がり、見失ってしまいました。今帰仁城跡周辺にも生息しています。

okinawatengusukeba_6729.jpg

 

okinawatengusukeba_6732.jpg

カテゴリ