ヒラタミミズクの幼虫

ミミズクというと、普通は鳥(フクロウ)の仲間を思い浮かべますが、こちらは列記とした虫で、カメムシやヨコバイに近い仲間です。成虫になると、体の形の特徴が、鳥類のミミズクを連想させることから、この名があります。写真の個体はまだ幼虫で、体がものすごく扁平で、まだミミズクのような特徴はありません。最初、見たときは、樹皮の上の、木の模様かと思いましたが、すこし触ると、上へと歩きながら移動しました。このように、体の色はさておき、体を扁平にさせることによって、外敵から目をくらませているのかもしれません。今帰仁城跡周辺のシイナグスクで生息を確認しました。

hiratamimizukunoyouchuu_6684.jpg

カテゴリ