クモヘリカメムシ

葉の上に、何か細長い虫がとまっています。何の仲間かというと、「カメムシ」の仲間。正式な名前は「クモヘリカメムシ」といいますが、その名の通り、まるでクモのようにも見えます。イネ科植物の生えるような草原的環境でよく見ることが出来ます。昆虫の仲間は、体の形が扁平なものからこの写真の昆虫のように細長いもの、非常に小さいものから大きなもの、尖っているものや丸いものまで、さまざまであり、そのことが様々な環境への適応を可能としているのかもしれません。今帰仁城跡周辺にも生息しています。

kumoherikamemusi_6728.jpg

カテゴリ