クマスズムシ

体は扁平で頭が小さく、名前のように本州などに分布するスズムシに体型が似ていますが、分類上はコオロギ科に属しています。沖縄島では中南部の石灰岩地から北部のシイ林まで広く分布し、林縁部や林内の落ち葉の多い林床に見られます。体長が10-12mm と大変小さいので、なかなか目立ちません。写真の個体はまだ幼虫ですが、成虫になると小さいながらも立派なはねが生えます。そのはねをこすり合わせて「シューイーーン」という聞き取りづらい音を発します。今帰仁城跡周辺にも生息し、シイナグスクでは多く確認されました。

kumasuzumusitriming_6681.jpg

カテゴリ