マツムシモドキの幼虫

マツムシというと、「チンチロリン」と鳴く、鳴く虫を想像しますが、こちらはそれとは異なり、「マツムシモドキ」という昆虫です。私はまだ鳴き声を聞いたことがありません。林の少し開けたところの下草の上でよく見かけます。昆虫の仲間には、名前に「モドキ」や「ダマシ」、「ニセ」などとついている種類が多くいますが、これらの昆虫が人をだましたり、偽物であったりということは決してなく、ただ分類上形が似ているけれども種が異なるなどといった理由からです。今帰仁城跡周辺にも生息し、写真の個体はシニグンニ周辺の下草にいたものです。

matumusimodoki_5518.jpg

カテゴリ