植物は正直だ

写真は、イタジイの木であるが、なぜ「植物は正直」なのかというと、写真の下の方を見て欲しい。赤褐色の土であることが判ると思いますが、これは泥岩の一種で、石灰岩ではない(非石灰岩)。実を言いますと、この場所は、石灰岩地形が広く分布する場所の一区画です。一般に、石灰岩地では低地森林が広がり、ガジュマルやアコウなどクワ科植物が生えます。写真のように、赤褐色の土壌(泥岩)が広がるところには、イタジイ林などブナ科植物が多く自生します。イタジイというと、沖縄島では北部の脊梁山地(やんばる)地域が有名ですが、今帰仁村にも、このように非石灰岩地域には生えています。このように、植物は、地質(土壌)によって生える種類がだいたい決まっています。

itajii_6998.jpg

DSC_5599.jpg

カテゴリ