クワズイモの葉の上のマダラコオロギ(成虫と幼虫)

クワズイモの葉の上に、はねの表面に黄色のマダラ模様のある個体と全くはねが無い個体がいるのがわかるでしょうか。これは、マダラコオロギという昆虫で、はねが無いのが幼虫で、黄色のマダラ模様のはねが生えているのが成虫です。野外では集団でいることが多く、特にクワズイモなどの葉の上で多く見かけます。クワズイモは、その名の通り、有毒で食べることは出来ません。しかし、このマダラコオロギは、大変好んで食べています。写真でも、クワズイモが食べられているのがわかるでしょう。他の昆虫があまり食べない植物を選択的に食べるというのは、大変効率的な捕食の方法であると思います。さらに、毒を体内に蓄積することによって、鳥などから食べられるのを防いでいるのかもしれません。コオロギというと、夜間に隠れながら鳴いているのがほとんどですので、このように目立つ葉の上で堂々と葉を食べているのは、何か理由がありそうです。今帰仁城跡周辺の森林内で、多く観察することが出来ます。

madarakoorogiseichuuyouchuu_6910.jpg

カテゴリ