オオハシリグモの仲間

前脚の先が白く、アシダカグモのように大きなクモですが、このクモは沢沿いに生息する大型のクモで、「オオハシリグモの仲間」と思われます。今帰仁城跡横を流れる志慶真川流域沿いで生息を確認しました。オオハシリグモは主に沖縄島北部の森林内を流れる渓流周辺に生息し、カエルやカニ、エビなどを餌にしている徘徊性のクモです。先の白い前脚を水面につけて、餌を捕らえるらしい。自然度の高い森林環境だけに生息します。志慶真川の上流域には、やんばるで見られるようなイタジイや、少ないですがオキナワウラジロガシなどの樹木が自生しています。比較的自然度が高い森林であることを示しているといえるでしょう。体の大きさが大きなクモですが、志慶真川流域を夜間に散策しても、滅多に遭遇しませんので、志慶真川沿いでの個体数は少ないかもしれません。

hasirigumo_8828.jpg

カテゴリ