渇水期の志慶真川の様子

今帰仁城跡東側の深い谷を流れる志慶真川は、普段は豊富な水が流れていますが、雨の少ない季節にはたびたび水がなくなるという現象が起こります。これは、志慶真川の河川の基盤岩が、石灰岩など水を通しやすい岩(透水層)であるためです。写真は上流部の様子ですが、私も完全に水が無くなるという光景は初めて見ました。まるで、ハンタ道など普段は人が往来しているような道のようにも思えました。志慶真川には、他の河川で多く見られる水生貝類の種数が少ないように思えます。ほとんどがカワニナという、水質がきれいな河川に棲む貝類1種類のみです。渇水に強い種類なのでしょうか。種類が少ないということは、他の河川とは異なり、たびたび渇水にみまわれる河川の特徴かもしれません。再び、豊富な水量の水が流れるのは、いつのことになるのでしょう。

sigemagawa_1458.jpg

 

sigemagawa_1455.jpg

カテゴリ