リュウキュウコザクラ「琉球小桜」

沖縄は、サクラが既に葉桜となっていますが、サクラという名前がついている植物が他にもあるのをご存じでしょうか。サクラといっても、サクラソウの仲間です。サクラソウというと、ピンク色の花を咲かせる「ニホンサクラソウ」が有名で、埼玉県浦和市では名所になっており、また栃木県北部地方では今でも湿地帯などに自生しています。本土では湿地環境の減少や盗掘などによって激減しています。沖縄で見られるサクラソウの仲間は「リュウキュウコザクラ」といい、日当たりの良い道端や野原に生えます。花は白色で、直径5mmほどと大変小さい。葉は、タンポポのように「ロゼット葉」で、5-10cmの花茎がのびます。今帰仁城跡周辺でも、あまり多くは見られませんが、自生しています。可愛い花ですね。

ryukyuukozakura_1879.jpg

ryukyuukozakura_1885.jpg

カテゴリ