ホタルモドキの成虫

ホタルモドキ(別名ミナミボタル)と呼ばれていますが、正式なホタルの仲間です。春先のわずかな時期にしか出現しないホタルです。昼間に活動する昼行性のホタルで、光りません。沖縄本島には、体色が黒い種類と赤い種類の2タイプが生息し、前者はオキナワクロホタルモドキ(オキナワクロミナミボタル)、後者はウスアカホタルモドキ(オキナワアカミナミボタル)です。しかし、最近になって後者の赤タイプのホタルモドキがさらに分類されました。中南部の個体群(分布域がまだ明らかではない)はナンザンミナミボタルという。ホタルの世界も細かく見ると奥が深い。写真は、今帰仁城跡周辺で記録した個体です。このホタルがウスアカホタルモドキなのかナンザンミナミボタルなのかについては今後調査が必要です。

hotarumodoki_2712.jpg

カテゴリ