大井川右岸の昔道

大井川は、本部町の伊豆味に源流を発し、今帰仁城跡から約5km離れた名護市側の今帰仁村呉我山を通って、海へと下っている河川で、今帰仁村内では数少ない河川の一つです。この大井川沿いに、今帰仁城跡よりも古い時期に築かれたシイナグスクがあり、小高い山の上に古い石灰岩地形(塊状石灰岩)を利用した野面積みの石積み遺構が現状のまま残されています。大井川とシイナグスクとの関係は、志慶真川と今帰仁城跡との関係に似ており、シイナグスクの大井川側は断崖絶壁となっています。この河川も、降雨が少ない時期には水が無くなる水無川として有名です。今の時期にはほとんど完全に河川の水は干上がっています。少し川沿いを散策してみましたが、所々に上のシイナグスクから落下したと思われる塊状石灰岩の大岩が転がっていました。その景観は、今帰仁城跡横を流れる志慶真川にそっくりです。今帰仁村歴史文化センターの仲原館長のお話によると、この大井川沿い(右岸)には名護(中山)の三つ堤(土手)をつなぐ宿道(スクミチ)があり、その痕跡と見られる道跡があります。なぜ三つ堤(土手)というのかは、名護方面、本部方面、今帰仁方面の3方面からの伝達文書や荷物をこの場所で目的方面へ分配していたらしい。大昔(大正6年より以前)、シイナグスク側の崖沿いに宿道があって、シイナグスクの入口方面のマッチャク橋を通って、人々が普通に利用していたらしいです。川から一段上の場所が、よく見ると確かに道らしく見えます。しかし、今は完全に木々に覆われて、森と化しています。それから、向かって左側の上の方にガードレール付きの道が大正6年に造られ、そこも現在は旧道(廃道;呉我山トンネル手前にジュンサ石がある)となり、今はより便利な名護と今帰仁とを結ぶ道路となっています。これらの道の関係も、今帰仁城跡周辺のハンタ道(宿道)・馬車道(大正時代)・県道(現在)との関係に非常によく似ています。時代の変遷と共に、人々が利用してきた道も、利便性を求めていった結果、遺構として森の一部になっているのが、非常にわかりやすい場所だと思いました。

P1010206.jpg

カテゴリ