クロツラヘラサギ

写真は、干潟で大きくスプーンのようなくちばしを水につけて左右にふり、くちばしにふれた魚・カエル・カニなどを食べる「クロツラヘラサギ」です。世界で約2000羽しかいないとされ、日本では九州及び沖縄で毎年冬鳥として約200羽が記録されているらしい。

環境省のレッドデータブックでごく近い将来に、野生での絶滅の危険性が極めて高いとされる「絶滅危惧1A類」に指定され、世界的にも大変貴重な野鳥です。先日、羽地内海にて撮影しました。日本に飛来する200羽のうちの1羽でしょうか?今の季節に見られるのも珍しいことかもしれません。本部半島今帰仁村名護市は海の幸が豊富である、豊かな魚貝類を育む干潟が良好に残されていることの証ではないでしょうか。鳥は正直です。

kuroturaherasagitriming_3902.jpg

カテゴリ