豊年祭で舞う不思議な動物

写真は、今帰仁村今泊の豊年祭の道ジュネーの光景の一コマです。9月8日は前夜祭で、9月10日が本番でした。大型の「シシ」という動物だと思われます。架空の動物ですが、厄よけとして、獅子舞というのは重要であり、豊年祭にはなくてはならない存在です。三線の音色で勇壮に舞い踊る姿は、迫力があります。今泊の豊年祭は、棒術(30組)も非常に迫力があり、このシシとの競演もあるそうです。また、南洋踊りという、南国を彷彿とさせる演舞もあり、今では貴重種となっているゴリラもいました。4年に一度の祭りということもあり、大きなコバテイシのある公民館前の道沿いは、多くの人たちでにぎわっていました。今年は台風の当たり年のようですが、それでもこのシシが厄をはらって(食べて)、作物が豊作となればいいなと思いました。

sisi_5881.jpg

 

sisi_5882.jpg

 

nanyouodori_5933.jpg

カテゴリ