世界で一番大きな陸生のヤドカリ

皆さん、写真の生きものは何でしょう。夜間に海岸沿いの道路上に出てきていました。写真を撮影した後には、車にひかれる危険があるので、森の中に誘導しました。答えは、ヤシガニです。

ヤシガニは、オカヤドカリの仲間で、陸上生活をする甲殻類(エビ・カニの仲間)では世界で一番大きな種類です。大きく成長した個体は、40cmをこえ、脚を広げると1m以上にもなり、4kgになるらしい。近年、人間による捕殺や道路整備による交通事故により、生息数が急激に減少しているため、レッドデータブックにて絶滅危惧?類に分類されています(天然記念物にはなっていません)。しかし、近年の沖縄食ブームにより、食用目的の乱獲が続いています。このような国家レベルの絶滅危惧種でありながら、一部の地域を除いて、まとまった保護策がなされていない種というのも珍しい。以前に、今帰仁グスク学ぶ会のガイド担当から、今帰仁村内で目撃したことがあるという情報をいただきました。今帰仁村には、美しい自然の海浜が多く残っているので、天然記念物のオカヤドカリなどとともに、ひっそりと生息していることを切に願います。

yasigani_1408.jpg

カテゴリ