オキナワアギトアリとトゲオオハリアリ

今帰仁村呉我山の大井川沿いにて、写真のような、少し迫力のあるアリに出会いました。体長は12mmと比較的大きく、長く発達した大あごが特徴です。名前を「オキナワアギトアリ」といいます。手を近づけると、まるでクワガタムシのような大あごを大きく開いて威嚇してきました。下のなにやら木の枝を器用に運んでいるのは「トゲオオハリアリ」というアリです。このアリの前方から同様の木の枝を持ったアリがもしきたら、まるで棒術をしている様にも見えるでしょう。しかし、この長い木の枝をどうするのでしょうか。こちらは、今帰仁城跡周辺のハンタ道で見ました。自然の中を散策していると、さまざまなアリを観察できます。写真のクワガタムシのような大あごのあるアリは初めてで、おやじ的なコメントをすると、「こんな姿、アリ?」。ミクロな世界もおもしろいです。

okinawaagitoaritriming_8792.jpg

 

togeoohariaritriming_8868.jpg

カテゴリ