美しい洞窟

皆さん、この写真はどこの風景だと思いますか。答えは、洞窟(どうくつ)内部の風景で、沖縄本島の東側に位置する南大東島の星野洞です。南大東島は、周囲を深い海に囲まれた島で、小笠原島と同じ海洋島です。サンゴ礁が隆起して出来た島なので、島の地盤(地質)はほぼ全てが石灰岩です。あちらこちらに石灰岩が見られ、島の北側には石灰岩が天空高くそびえたバリバリ岩(写真後半)があります。ここの地盤はフィリピン海プレートにのっているため、ゆっくりと移動しているらしく、地殻変動でこのように裂けたという。裂けたところに、島の象徴の樹木であるダイトウビロウが1本生えています。石灰岩が風化して、地表に僅かに土が出来、地上にはサトウキビ畑が広大に広がっています。それとは対照的に、地下には写真のような美しく規模の大きな洞窟が多く形成されます。つまり石灰岩の地質の下には、洞窟が多く作り出されます。南大東島の星野洞は、観光洞窟となっています。今帰仁村を含む本部半島にも、規模はさまざまですが洞窟があります。上からつららやカーテンのように垂れ下がっているのは鍾乳石ですが、なかには1m以上もあるのが観察されます。1説には1cmのびるのに、約50年を要すると言われており、1mのびるには約5000年もかかることになります。南大東島の星野洞ははるか大昔から有ることが分かります。地上の自然もおもしろいですが、地下空間も多様であり、自然は神秘です。皆さんも、是非とも、機会が有れば、星野洞見学、お勧めです。

hosinodou_1158.jpg

hosinodou_1187.jpg

DSC_1197.jpg

baribariiwa_1242.jpg

カテゴリ