Twitter@nakijingusuku
Facebook「今帰仁グスクを学ぶ会」" />   
現在位置:ホーム(トップページ)

今帰仁城跡でガイドをしてみませんか

平成29年度 ガイド養成講座の受講生募集中

ガイド養成講座の様子(2012年)
    上の写真は、養成講座で今帰仁城跡を紹介しているところ。



今帰仁城跡を案内するガイドの養成講座、受講生を募集します。

ガイドをしてみたい。歴史が好き。今帰仁グスクが好き。そういう方ならどなたでも、ご応募ください。

年齢は問いません。

平成29年度今帰仁城跡ガイド養成講座

(画像クリックで拡大します。)

今帰仁グスクと周辺遺跡の見どころ

今帰仁城跡と周辺遺跡

史跡散策ツアーは楽しい Cコース運天集落と古墓
史跡散策ツアーは楽しい Cコース運天集落と古墓
運天港の海に面した古い墓。ここから散策が始まります。古い墓は断崖の岩を掘り込んで造られています。昔は風葬だったので、このような場所が選ばれたのでしょ… 全文を読む
史跡散策ツアーは楽しい Bコース今泊集落
史跡散策ツアーは楽しい Bコース今泊集落
Bコース今泊集落の散策のスナップをご紹介します。今泊集落は、今帰仁グスクが機能していたとき、グスク直下にあったムラです。グスクを中心に村人たちが、それ… 全文を読む
史跡散策は楽しい、 Aコースの散策スナップ
史跡散策は楽しい、 Aコースの散策スナップ
Aコースは、グスク時代の登城道「ハンタ道」を登り、今帰仁グスクまで歩きます。琉球のグスク時代の道が保存されていて、今でも歩ける。まさに歴史の道です。 … 全文を読む
バスガイドさんが知っていた平郎門の謎
バスガイドさんが知っていた平郎門の謎
  写真上の門から続く階段は、よく見ると、少しズレが生じている。以前、バスガイドさんが平郎門の所で、案内するのを何度か聞いたことがあります。「門の修理… 全文を読む
平郎門は琉球政府文化財係と地元民が苦労して完成させた
平郎門は琉球政府文化財係と地元民が苦労して完成させた
今帰仁グスクの正門は平郎門と呼ばれます。前回の投稿では、大石を運んできて、門の上に乗せる大工事をおこなったことを紹介しました。上の写真は平郎門の工事… 全文を読む

会誌特集号「今帰仁上り」好評につき第3刷

今帰仁グスクを学ぶ会は、今帰仁城跡を無料でお客様をご案内していますが、その成果も盛り込みながら毎年会誌「今帰仁グスク」を発行しています。

この手の出版物としては珍しく、会誌4号「今帰仁上り」がすでに再版され、創刊号が近く再版の予定です。 

会誌はガイドカウンターとチケット売り場、歴史文化センターで販売しています。

 

「今帰仁上り」特集号は、今帰仁グスクを中心におこなわれる聖地巡拝の際、巡る拝所を網羅しています。門中や個人で拝みに来る方や琉球の拝所しらべにも最適です。

写真と解説、地図も掲載。メモ欄も付いて実用的です。


詳しい内容は、今帰仁上り特集号でご紹介しています。

会誌についてのお問い合わせや、ご注文はお問い合わせからお願いします。

受賞した琉歌をご紹介します
今帰仁グスクで琉歌を詠もうHP掲載チラシ50のサムネール画像

「今帰仁グスクで琉歌を詠もう」には120首が投稿されました。
その中から受賞した琉歌六篇をご紹介します。

2月26日の表彰式では、受賞琉歌を今帰仁ミャークニーの唄にのせて披露します。


今帰仁村村長賞

受賞琉歌01


今帰仁村教育委員会教育長賞

受賞琉歌02


今帰仁村歴史文化センター館長賞

受賞琉歌03


今帰仁村文化協会会長賞

受賞琉歌04


今帰仁グスクを学ぶ会理事長賞

受賞琉歌05



今帰仁村商工会青年部部長賞

受賞琉歌06

以上が受賞した琉歌です。

投稿総数120首、投稿者は48名。
県内13市町村から投稿があり、県外からも1名の投稿がありました。
投稿された方の年齢は10代から80代まででした。

琉歌表彰式
表彰式を終えて記念撮影。前列が6名の受賞した方がた。



ミャークニーにのせて琉歌が詠われました
今帰仁ミャークニーにのせて琉歌が詠われました。

前方に置かれているのがたくさんの賞品。賞品を乗せて運ぶための一輪車が用意されていました。


賞品を提供してくださった業者さんたち
たくさんの賞品を提供してくださった業者さんの一覧です。ご協力ありがとうございました。

今帰仁城跡の疑問?質問?

今帰仁城Q&A

私たちがご案内します

ガイドのプロフィール

姫の勉強部屋

◎gusuku photo gallery
◎ハンタ道を歩く
◎今帰仁城跡と周辺遺跡
◎今帰仁城跡周辺の自然
◎今帰仁城跡出土品美術館
◎今帰仁村の文化財
学ぶ会事務局通信